結婚指輪のデザイン性

結婚指輪の形やデザイン

トップ / 結婚指輪の形やデザイン

結婚指輪を選ぶときには

結婚指輪(マリッジリング)は男性が女性に贈る婚約指輪(エンゲージリング)とは違い、結婚の証に男女二人で着けるものですので、普段使いしやすいもの、という基準で選ぶのも一つの方法です。そのためには、まず、サイズや着け心地をしっかりと確かめることが大切です。ゆるすぎず、きつすぎず、スムーズにリングが着け外し出来るぐらいがちょうどよいサイズです。また、指通りの感覚も結婚指輪を選ぶときの重要なポイントです。デザインもあまりゴテゴテしたものよりはシンプルでなおかつ飽きのこないようなものの方が良いかもしれません。

二人の誓いの証 結婚指輪

結婚指輪はペアリングで結婚する男女が、結婚式において二人の誓いの証として交わされる指輪です。婚約指輪とは違い結婚後も、お互い日常的に薬指にはめて生活することが前提となるものですので、飾りなどは控えめでシンプルなデザインのものが一般的です。一般的な相場としては1つが10万から15万とされ、ペアで10万から30万程度とされています。外見はシンプルなつくりでも、内側に記念日やお互いのイニシャルなどの彫刻や好きな宝石を入れたりする結婚指輪もあり、結婚式や入籍に合わせて二人で選ぶことが多い指輪です。

結婚のお祝いの情報