結婚スピーチのマナー

結婚式での祝いの言葉

トップ

結婚のお祝いに贈る言葉

結婚式のお祝いにメッセージカードを贈ったり、寄せ書きや、電報などを贈ることがあります。式は新郎新婦にとって人生の記念すべきイベントですので、大切な思い出に残るように、贈るお祝いの言葉もマナーをも持って贈るようにすることが大切です。忌み言葉を避けるのはもちろんですが、たびたびや重ね重ね、離れる、別れる、切れる、など再婚や別れを連想させるものも使ってはいけません。2人の結婚を祝福する気持ちと一緒に、今後の二人の生活に向けての温かいメッセージや、今後の関係性も考えての気持ちのこもった素敵なメッセージを贈るようにしましょう。

お祝い

挙式の際のお祝いの言葉

結婚式を行うときには、招待状がきたりします。中には、式を挙げずに入籍だけするという人もいます。親しい人であれば、お祝いの言葉を添えて、贈り物を贈るのもいいでしょう。また、式に出席するときにはピーチを頼まれる事があります。学生時代の友人や会社の同僚、上司など、近い関係の人には頼みやすいので、お祝いの言葉を添えて、パフォーマンスをしたりします。たいていは、「ご結婚おめでとうございます。」から始まります。そして、「末永く」とか、「幸せに」とかという内容の話をするものです。一生に一度でありたい、おめでたい席ではそういった話は嬉しいものです。

結婚のお祝いの情報

新着情報